初心者必見!個人輸入を使うメリット・デメリット

個人輸入を安全にお得に利用するための情報

個人輸入について知る

全世界から中間の手数料無しに欲しいものを手に入れる、個人輸入は魅力がいっぱいです。ここでは、個人輸入の良いところと可能性についてお伝えします。 個人輸入すべきかの判断ポイントと初心者でも利用できるような方法についての情報もありますのでお役立てください。

個人輸入の良いところを知る

まず個人輸入の概略を整理します。大きく分けて輸入したものを個人で使用するのか、少量輸入して販売する副業とするのかの2つです。
注意点としては、個人で使用する目的の場合は、転売や贈答はしてはなりません。他人にプレゼントすることまで禁止されていることは知られていませんが本来はそうなのです。
副業として輸入する場合については、このサイトの最後にまとめてありますのでご覧ください。
個人で楽しむ場合の輸入方法については、以下の2つがあります。
・海外のサイトから輸入する
・輸入代行業者に依頼する
そのほかの海外で買ったものを持ち帰ったり、知人に頼んで送ってもらったりするケースもありますがこのサイトではふれていません。
個人輸入に向かない商品があります。そもそも禁止されている模造品やワシントン条約にかかってしまうもの、法律で規制されているものなどです。
輸入に関わる費用についても知る必要があります。配送料と関税です。
配送料については、時間と費用が反比例します。時間をかければ費用が下がります。早く欲しい時は、高い配送料を覚悟しなくてはなりません。
関税については、品目と相手国と購入金額によって率が決まります。税率は無税の品目から革製品や高級品にはかなりの税率が適用されたりと様々です。また購入金額については20万円の境目があって、20万円を超えると一般税率が適用されて高くなります。
以上注意点だけを並べると億劫になってしまいますが、やってみるだけの魅力は確かにあります。何事も経験ということで少額から個人輸入にチャレンジしましょう。

個人輸入のデメリットについて知ろう

個人輸入のデメリットについて解説します。デメリットには、一般的なものとトラブルそのものがあります。国内取引よりも個人輸入はハイリスクなのは事実ですが、事前に知っていれば十分に避けられるものもあります。しっかり情報武装して賢く個人輸入を楽しみましょう。

副業としての個人輸入について

最近、副業が盛んに話題となります。ここでは副業として個人輸入を行う場合について説明します。個人で楽しむ場合との一番の違いはお金を稼ぐことが目的となるところです。当然ハードルは高くなります。失敗したら元も子もありませんのでできるだけ安全な方法で商売できる方法を解説します。

TOPへ戻る