初心者必見!個人輸入を使うメリット・デメリット

個人輸入を安全にお得に利用するための情報

>

個人輸入について知る

個人輸入のメリットは大きく2つ

個人輸入をやってみようという人の目的は、2種類あります。日本で買うより大幅に安く買えることと日本に無いものを買うことです。
確かに、正規ルートで輸入された商品には手数料などの費用や販売会社の利益が乗っているために高くなります。ただし、海外の見かけの価格には関税や配送料などが入っていません。個人輸入の方が得になる目安は、2倍以上価格差がある場合です。それ以下だと諸経費入れたら高くつくケースが多いです。また20万円を超えると税率が高くなりますので購入額にも注意が必要です。
一方、日本にないものを求める場合は値段には代えられないものを手に入れようとするわけですから自分の予算に合っていれば問題ありません。正規輸入の場合は、どうしても売れそうなものに絞ってしまうため個性的なものは除外されてしまいます。自分の好みを個人輸入でとことん追求しましょう。

輸入代行業者かネットショッピングが一般的

一番手軽なのは、輸入代行業者に依頼することです。英語も知らなくて良いし、トラブルも滅多におきません。ただし、手数料が商品代金の10%から20%かかります。丸投げで済むので一番楽チンです。
海外のショッピングサイトを利用する時は、ちょっと複雑になります。まずそのサイトが信頼できるのかを見極めなくてはなりません。また、日本に直接送れないケースもあります。その場合には、転送業者を活用します。
ではどうやって信頼サイトを判断するかです。まず支払い方法に買い手保証制度のついた仲介業者が使えるかを見ます。使えればたとえトラブルがあっても仲介業者が対応してくれますので安心です。あとは、サイトの安全性を確認します。安全性を確認してくれるサービスを利用したり、最低限、暗号化してあるサイトであることを示すアドレスの先頭がhttpsであることは確かめましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る